許し

夕飯を終えた夜、急に散歩したくなった。 ふらっと家を出て、いつもの道をトコトコ歩く。

「あ~、なんか精神的に疲れちゃった。 わたし、毎日を楽しく過ごしたいだけなのに・・・。

どうしたらいいですか?! おしえて。 楽になりたい」

天に向かってそうつぶやきながら、歩いていた。

しばらく歩いていると、足元になにか落ちていた。 なんだろう? 暗いので近づいてよ~く見ると、

ありました。  カラスの大きな羽。 天使の羽っていうんですか(^^)/

よく通る道だけれど、ここで羽に出合うのははじめてだ。

あ~、わたしのつぶやきは、天に通じてるなと思った。

そしてまたトコトコ歩き出す。

すると、こんな言葉がふいに頭に浮かんだと同時に、わたしの口から無意識に出た。

「わたしは、○○を許します」

へっ?! 急に私なに言ってるの?! と自分で自分を不思議に思ったけれど、言葉を音として聞いたとき、はじめてわかった。

あ~、許せばいいのかと。

許せば楽に楽しく過ごせるのかと。

天からの速効の返信だった。

ありがとう♡

簡単なことだった。

この呪文を何度か唱えて帰路についた。

たった10分ほどの散歩中の出来事だった。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

もう、待たない

次の記事

いる