朝刊のトップ記事におどろき

今朝の朝刊を開いて驚いた。 トップ記事に政治ではなく、子どもへのメッセージが書かれていたからだ。

「つらいなら休んでいいよ」 と大きくあり、 「夏休み明け 登校をためらう子へ」 とある。

時代は変わったなと思う。

この記事を14年前に見ていたなら、どれだけ心が楽になれただろう。

子どもと学校との関わりのなかで苦しみ学んだことを、いま作成中の本 『虹のとびらをあけて 子育てはメッセージ』 に綴っている。

子育て中の親御さんや子どもたちが、少しでも心軽やかに自分らしく歩いていけるようにという思いを込めて書いた冒険エッセイ本だ。

私なりの観点で書いたマイ・ストーリー。

19年来の夢もつまっている本。

きれいに装丁して、必要としてくれる人に届けたい。

いまはタイミングが合わずに滞っているけれど、完成する日は近いと思う。

いつになるのかな?

神のみぞ知る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

ただいま研究中

次の記事

魚のジャンプ