夢のなかで治療⭐

私の背骨、腰椎? は、右に少しずれている。

お医者さんは、「治ることはないから、筋肉をつけてうまく付き合っていきましょう」と言う。

痛みはもう1年以上続いている。

その話を、夢のなかの男性に話した。

「そういうこともあるでしょう」と男性は言う。

そして、なにか”気”のようなものを使って、わたしの背中を心を込めてさすってくれた。

「これで、楽になるでしょう」

そう言った男性を見ると、玉のような汗を全身にかいて、ぐったりと疲れていた。

そこで目が覚めた。

そんな夢を、朝の散歩のとき、ふと思い出した。

そしてもう一つ、なんの脈略もなく、ふと浮かんだこと。

わたしのツイッターをフォローしてくださっている、 宝塚の整体 和カイロプラクティックの若林和夫@kazu_chiro 様に、その男性が似ていた😉

夕べは、公園で出合った神聖なバンビの親子を思いながら眠ったから、なにか御利益があったのかもしれない🔶

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

野生バンビの親子に涙⭐

次の記事

格調高い場所⭐