二度と、味わいたくない空気感☁

なんでいま、こんなことを思い出したんだろう。

そう、3.11が起こる1ヶ月ほど前から、とくに朝、感じることが多かった。

いつになく、空気が重い。

天と地が近くて、空間がひしゃげたようにせまく感じた。

せまい空間の空気が、光化学スモッグになっているような感じ。

とにかく、息がしにくい感じだったから、空気を汚したくなかった。

空気が汚れるから、車に乗るのもいやだった。

だから、できるだけ乗らないようにした。

走っている車を見ると、空気を汚すのはやめてと本気で思った。

自分も含めて、空気を汚してるのは大人だと思った。

子どもはなんも罪もない。クリーンな存在だとも思った。

そんな日々を過ごした3月11日。

津波は起こった。

次の日から、いままで感じていたあの重苦しい空気感が消えていた。

もう二度と、味わいたくない空気感だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

次の記事

天にもの申す⭐