カミナリざんまい

「ゲリラ雷雨で電車が止まったから迎えに来て!」 とゲリラ豪雨真っただ中のとき、SOSが入った。

こんななか、車を走らせろと言うの?

仕方なく、泣く泣く豪雨のなか、出陣。 高速を飛ばすけれど、前が見えないほどの雨とイナズマ。おまけに対向車から大水しぶきをたびたび浴びる。

もう泣きそうになって、運転しながら叫んでいた。 「たすけて~、雨雲、カミナリ、あっちへ行って!!!」

高速道路はより空と近いから、みずからカミナリ雲に突入していく気がして、生きた心地がしない。孤独に耐え、雷雨の試練を浴びて、ようやく雲をぬけ、目的地に着いた。

家の近くまで帰ってきたそのとき、またカミナリが鳴りだした。 大きなイナズマが走ったあと、異変に気づく。

待てど暮らせど、踏切があかない。

カミナリが落ちていた。

こうやってカミナリの洗礼をうけた3日後、京都の上賀茂神社に行く予定をしている私。

上賀茂神社は、賀茂別雷神社といい、なんと、なんと、カミナリの神様を祭っているという。

なにこのシンクロ??? 参拝をカミナリ様が歓迎してくれているのかな?!(^^)

今週はカミナリざんまい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

次の記事

イカから学ぶ?