そのとき、夢はオプションだった☆

20年追い続けた夢が、どうすれば形になるのかわかった3年前、以外にも淡々としていた――。

わたしは心を決めてこのテーマで本を書くのであって、夢を叶えるために書くわけではないよって感じだった。

書くことが目的で、夢を叶えるのはあくまでオプション。

オプションだったから、あってもなくてもいいけど、せっかくなら叶えちゃおうかっていう程度のノリだった。

不思議だね。

強く願っているときに夢は遠くて、叶うとわかったときには、心がフラットな状態になっていた。

これがバランスで、エネルギーの法則なのかな?

叶うとわかったときには、もうここで学ぶべきことは学び終えたからかもしれないね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください