あのころ

スーパーで、久しぶりにママ友とばったり会った。 「あらー、どうしたの」と話していると、また一人、これも久々の再会になるママ友がやってきた。三人でおしゃべりに花が咲く。

すると目の前に、これまた数年はご無沙汰している知り合いが、ひょこんと現れた。 これらの面々は、子どもが小学校のとき、密に関わっていた人たちだ。

あのころのことが話題になる。時はたち、子どもたちはみんな成長したな~と。

家に帰って、ふと考える。一度にこれだけ、子どもが小学生だったころのメンバーとばったり再会するなんて、なにか不思議・・・・・・。

あんなこともあったな~なんて考えていると、いま作成中の子育てエッセイ本に入れる一文が浮かんだ。 さっそくパソコンを開けて、久々に文章を読み返し、手直しをする。

時間をかけて何度も何度も原稿を読み返し、手直しをしているのに、見るたびに直すところが出てくる。 文章は時とともに変化する生き物だから、本としてできあがるまではしょうがないのかもしれないけれど、直すところ多過ぎ。

これらの久々の再会は、もう一度、作成中の本に向き合うようにというメッセージなんだと受け取った。

夢を叶えるのって、すごくすごく時間がかる。 その時間が、私を成長させてくれる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

恐れを手放せ

次の記事

観音経1000回